×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Too Much Dual Time (T31 9847 5 N126A,7ADT) by tuyonn様

BBSにも書きましたが、8月に某百貨店のWorldWatchFairでKOされ、先日、納品前点検を終えて手元に届きました。2003年のSIHHで発表されたモデルで、今年早々から日本でもデリバリーされるようになったToo MuchのDualTimeです。実は最初は、ホワイト文字盤(RD)と黒文字盤(WG)しか店頭に出ておらず、それでもTKO寸前だったのですが、その後の調べで何とMOP文字盤があり、しかも日本に存在することを知り、感動の対面と相成りました。機構としては、分針が12時に来ると2つの時針が30度回転するというジャンピングアワーを組み込んだ2タイムで、竜頭の突起を押すと、GMTの時針が1時間送られる仕組みになっています。TooMuchのケースを生かしたデザインも素晴らしいのですが、やはり2トーンに組まれたMOPの美しさが、何ともいえません。暗い紫色から光沢がかった白色まで、光の反射具合で表情を変えてゆく様は、麻薬のようです。このような刺激的なデザインを下品に見せないのは、ロジェデュブイならではだと思います。・・・とまぁ、購入直後ということもあり、あふれ出る感動を隠せませんが、ご勘弁下さい。


Roger Dubuis - Data